教師

通信制高校や中学受験のメリット│小論文の対策もできる

文章を書くのが苦手なら

男子生徒

小論文はAO入試や国公立大学の2次試験で出題されたりします。いわゆる5教科の受験勉強ばかりに気をとらわれて、小論文の勉強をおろそかにして試験前に慌てないように、事前に対策をしておくことが大切です。もし小論文の書き方に基礎から教わりたい方は、小論文対策を実施している予備校などに通うことをおすすめします。小論文は一人で勉強するのは難しいといわれています。というのも一般的な教科の場合は、問題集に解答と解説がついていれば、一人で勉強できる方もいるかもしれません。しかし小論文は、そのような教科の勉強法とは少し違って特殊だからです。まず、多くの問題例では、あらかじめ用意された論説や説明文を読んで、それに関連するテーマで書かせるパターンが多いとされています。小論文を書くためのスキルとしては、それら論説を要領よく読み、文章構成を考え、自分の意見をまとめるといった技術がいります。しかし、これらを独学で身に付けるのは効率が悪い上に、とても難しいのです。また、小論文にはある意味では正解が存在しないのもやっかいと言えます。模範解答といったものもありますが、点数のつけかたが曖昧なものとなっているため、そのときのテーマによって解答の良し悪しは大きく変化します。なので、小論文は必ず先生などの添削が必要になります。一人では小論文の良し悪しを決めることはできないので、文章を添えたり削ったりして、よりよい文章にしてくれる先生が必須になってくるのです。これら作業を予備校がやってくれるので、自分一人でやるよりは成果が出せるでしょう。もし、独学で小論文を勉強することが不安な方は、予備校に通うことが大切になります。

Copyright© 2016 通信制高校や中学受験のメリット│小論文の対策もできる All Rights Reserved.